プログラムA 13:30〜
プログラムB 16:00〜
プログラムC 17:15〜
ワークショップ 13:00〜16:00



2016年2017年2018年と近年の吉祥寺アニメーション映画祭でグランプリ各賞を受賞した
見里朝希監督の大ヒット作『PUI PUI モルカー』。
見里監督がセレクトした『PUI PUI モルカー』傑作選を武蔵野公会堂の大画面で上映します。


©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

舞台はモルモットが車になった世界。
癒し系の車“モルカー”。
クルマならではの様々なシチュエーションを中心に、癒しあり、友情あり、冒険あり、
ハチャメチャアクションもありのモルだくさんアニメーション!

『PUI PUI モルカー』毎週火曜あさ7:30より、テレビ東京系「きんだーてれび」内にてアニメ再放送中

公式サイト

『PUI PUI モルカー』ディレクターズセレクト上映
2月26日(土) 武蔵野公会堂 パープルホール


1回目 13:30〜
2回目 14:00〜

入場無料
*入場多数の場合は入場を制限する場合がございます。あらかじめご了承ください

ワークショップ

モルカー折り紙風船作り&アニメーション作りワークショップも同時開催。
誰でも簡単に作れる「モルカー」折り紙と
1枚1枚写真のコマ撮りで作る立体アニメーションの体験ワークショップです
(所要時間各約5〜10分)

公式サイト


©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

講師プロフィール
村上 寛光  Hiromitsu MURAKAMI
1975年横浜生まれ。アニメーションディレクター、プロデューサー。
東京工芸大学芸術学部映像学科卒。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒。
ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(英国)アニメーションコース修士課程修了。
2017年株式会社フリッカを設立。アニメーション制作や商業施設のデザイン、
上映やワークショップなどのイベント企画、大学や専門学校での非常勤講師など多岐に渡る活動を行う。日本アニメーション協会会員。


公式サイト



こんなコマ撮りアニメ作りが体験出来ます!

ワークショップ
2月26日(土)武蔵野公会堂2F会議室

13:00〜16:00 (所要時間各約5〜10分)  
「作ってみよう!モルカー折り紙風船」
「コマ撮りで立体アニメを作ろう!」
参加無料 

*整理券は当日2F会場受付にて13:00より配布します。
*どなたでもご参加いただけますが、感染拡大防止のため一回の参加人数を限らせていただきます。
整理券終了の際はご容赦くださいませ。

このページのトップへ

*イベント内容はやむを得ない事情により予告なく変更を余儀なくされることがございます。あらかじめご了承ください。





2016年2017年2018年と近年の吉祥寺アニメーション映画祭でグランプリ各賞を受賞し、
今や大ヒット作『PUI PUI モルカー』で大活躍中の見里朝希監督。
『PUI PUI モルカー』に加えて、『あたしだけをみて』他、
吉祥寺アニメーション映画祭でも受賞した見里朝希監督作品を一気に上映します。


©見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

『PUI PUI モルカー』ディレクターズセレクト(2020年)

舞台はモルモットが車になった世界。 癒し系の車“モルカー”。
クルマならではの様々なシチュエーションを中心に、癒しあり、友情あり、冒険あり、
ハチャメチャアクションもありのモルだくさんアニメーション!
*プログラムAと同じ内容になります

『あたしだけをみて』(2016年)

ガールフレンドと付き合い始めた頃の魅力をいつの間にか忘れ、
「モルモット」ばかり可愛がる日々を送る男性。
そんな中、お花の美女に出会う。
モルモットに嫉妬するガールフレンドに比べ、
モルモットの良さを理解してくれるお花の美女に惹かれていくが…。
第12回吉祥寺アニメーション映画祭グランプリ受賞作品

『candy.zip』(2017年)

会社の資料を自信を持って仕上げても、社内で一向に評価されないアオコ。
ある時、彼女が完成させた書類が同僚にすり替えてられている現場を目撃する。
口封じに姿をキャンディーに変えられてしまったアオコは......。
第13回吉祥寺アニメーション映画祭スタジオディーン賞受賞作品

『マイリトルゴート』(2018年)

狼に食われかけたところを母ヤギに助けられたヤギの子供たちが暮らす家に、
1匹だけ消化されて見つけられなかった子ヤギの代わりとして、母ヤギによって人間の少年が連れてこられる。
家の中で少年は、狼の胃袋の中で消化され、体毛がはげ、皮膚も焼かれた子ヤギたちの姿を見る事になるが・・・
第14回吉祥寺アニメーション映画祭グランプリ受賞作品

『恋はエレベーター』(2015年)

二機のエレベーターはそれに乗る人の都合により、並んだりすれ違ったりする・・・

『あぶない!クルレリーナちゃん』(2014年)

見里監督が武蔵野美術大学在学中に手掛けた初めてのコマ撮りアニメーション作品。
第11回ACジャパンCM学生賞にて優秀賞受賞。


© Tomoki Misato/WIT STUDIO

『Candy Caries』(2021年)

カリエスはママの口の中に住み着く虫歯。口の中で歯を勝手に家具に変えたり、パーティーを開いたりして好き放題。
ママは歯磨きでカリエスを殺そうと ・・・

© SIE・SME・ANX・小学館 ©ゴンじろープロジェクト

『けだまのゴンじろー EP』(2019年)

ちょっぴり臆病で頭でっかちな小学五5年生マコトは、ある日、ぴょんぴょん飛び跳ねる不思議な毛玉と遭遇する!・・・
テレビ東京系で放送された『けだまのゴンじろー』のエンディングムービー。

見里朝希監督 プロフィール
東京都生まれ。2018年、東京藝術大学大学院アニメーション専攻修了。『マイリトルゴート』(2018)はSHORT SHORTS FILM FESTIVALで優秀賞・東京都知事賞をはじめ、国内外の映画祭で多数の賞を受賞。若手クリエイター対象の国際賞「Young Guns」にも選出される。2021年発表の『PUI PUI モルカー』ではTVアニメシリーズ初監督を務める。現在、WIT STUDIOに所属し、ストップモーションスタジオを発足する。

2月26日(土)
武蔵野公会堂 パープルホール
16:00上映開始


『PUI PUI モルカー』*プログラムAと同じ内容になります
『あたしだけをみて』
『Candy.zip』
『マイリトルゴート』
『恋はエレベーター』
『あぶない!クルレリーナちゃん』
『Candy Caries』
『けだまのゴンじろー ED』
(上映時間約42分予定)

*上映後見里監督リモート舞台挨拶予定


入場無料
*入場多数の場合は入場を制限する場合がございます。あらかじめご了承ください

このページのトップへ

*イベント内容はやむを得ない事情により予告なく変更を余儀なくされることがございます。
あらかじめご了承ください。





本映画祭審査員でもあり、『チェブラーシカ動物園へ行く』『ちえりとチェリー』はじめ
ストップモーションアニメーションを代表する中村誠監督を迎え、
中村・見里両監督がストップモーション・アニメーションとしてリコメンドする作品
『コララインとボタンの魔女』を上映します。

©Focus features and other respective productions studios and distributors.


【あらすじ】
ピンク色の古いアパートに引っ越してきたばかりの少女は、ある日家の中で不思議な扉を発見する。
その扉の向こうには、現実の世界と少しだけ違うもう1つの世界が広がっていた。
優しいママとパパの目がボタンで出来ている以外は、その世界のどれもが現実のものよりも素晴らしくなっていた......。

上映に合わせて本映画祭審査員でもある中村誠監督をゲストに、
2022年のストップモーションアニメーションの魅力と最前線についてお話しいただきます。
『PUI PUIモルカー』見里朝希監督もリモート対談予定。

*トークは上映前16:50頃から開催の予定です

2月26日(土)
武蔵野公会堂 パープルホール

17:15 上映開始 *トークは上映前16:50頃から開催の予定です
『コララインとボタンの魔女』(2009年 100分)
ゲスト:中村誠(アニメーション監督)

入場無料
*入場多数の場合は入場を制限する場合がございます。あらかじめご了承ください

このページのトップへ

*イベント内容はやむを得ない事情により予告なく変更を余儀なくされることがございます。
あらかじめご了承ください。

□感染防止対策上のお願い
本映画祭は武蔵野市文化施設利用ガイドラインに従い運営しております。
・ご入場の際にはマスクを着用ください。
・会場には消毒備品を各所に設置しております。手指消毒にご協力をお願いいたします。
・体調の優れない方はご参加をご遠慮ください。
・会場は定期的な換気を行っております。
・混雑が予想される場合、入場者数・滞在時間の制限を行う場合がございます。あらかじめご承知いただくとともに係員の指示に従ってください。